激レア魚 でか黒鯛get 青海南ふ頭公園 10月 東京湾奥夜釣り日誌


『営業S』です。
ストロー虫を試して以来なんとなく使いたくて。。。買いに向かいます。
 
 
 
 
 
しまりかけの餌勝に滑り込みます。。。店の電気は消えおじさんが外に出てきました。。
 
 
 
ぎりぎりセーフです。
 
 
 
 
店の電気をつけてストロー虫を売ってくれました。
 
 
 
 
おじさんありがとう。
 
 
 
 
何度か挑戦するもセイゴ、カサゴ、クロソイなどに
すぐ食べられちゃうストロー虫。
 
 
 
 
 
 
それでもクロダイがつれるといううわさで挑戦中です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
青海南ふ頭公園へ到着。真ん中の階段を下りて、海に向かって真ん中よりちょい右で開始です。
 
 
 
 
 
 
 
干潮です。どっぷり干潮どん底間際です。
 
 
 
うーん。最近夜は干潮ばっかりであたりが渋いです。今回も渋いのかなぁ~
 
 
 
 
 
 
いろいろ教えてくれる巷の黒鯛師は黒鯛釣りたいなら満潮に攻めよ。釣り場に何度も何度も通いなさい。しおが動かないとつれない。若洲に行きなさい。などと教えてくれます。
 
 
 
 
何度も通いなさいという点だけは軽くクリアーしてます。
 
 
 
 
 
 
 
この状況。ど干潮、しおどまりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
とりあえずそうは言っても買ってきたからにはストロー虫から使います。
 
 
 
 
黒鯛が釣れたところを一回も見たことないので本当に黒鯛がつれるのか懐疑心は消えません。
 
 
 
ましてや干潮。
 
 
 
 
カサゴかセイゴがつれないかな~なんて言い訳も用意してる『営業S』がいます。
 
 
 
 
 
 
 
仕事帰りにくるので潮汐にあわせてられないのが悲しいところ。
 
 
 
 
 
やれるときにやる。
 
『営業S』のスタイルです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぐたぐたしてないで早速開始です。
 
 
 
 
 
魚信がありません。。潮どまりだからしょうがないのかなぁ。。
 
 
 
 
それでも探ります。
 
 
 
 
 
水面に落として1mも沈めてないときに『ぴこん』あたりです。すかさずあわせます。
 
 
 
 
 
 
 
ぐ。
 
 
 
 
ぐぐぐぐぐぐぐぐぐぐぐぐぃ
 
 
 
 
 
真横に走ります。。。
 
 
 
 
おとととととと。。。。。いきなりでびっくり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
魚信はまったくセイゴと変わらなかったのに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぐぐぐぐぐぐぐぐ。。。
今度は真下に潜ります。。
 
 
 
 
 
 
竿でできる限りためます。。。
 
 
 
 
 
 
本日一匹目ハリスも新品です。
v( ̄∇ ̄)v 強気です。
 
 
 
 
 
 
この感じ50くらいのスズキかな!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
またもや横に動きます。壁際に行きます。。。根にもぐられないように竿でしのぎます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やり取りしてるうちに。。
 
 
 
 
 
 
異変に気づきます。
 
 
 
 
 
勢い良く急に『静』から『動』に動く動きがありません。
でかいシーバスにはたまにあります。
 
 
 
 
 
えら洗いもまったくしません。
これもでかいシーバスにあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
ぐぐぐいっぐっぐぐ。
少し弱くなった隙に急いで巻きます。

くるくるくるくる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ばしゃばしゃ~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
スズキじゃない。
 
 
銀色に光る体高のたかいさかな。
 
 
 
 
 
 
 
 

思わずヘッドライトをつけました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
黒鯛です。
 
 
 
 
 
 
 
かんぜんに興奮です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それとともに
襲ってくる
 
たのむ、
ばれないでくれ

 
という不安
 
 
 
 
 
 
 
興奮してました。字の大きさ元に戻します。
 
 
 
 
 
 

一度は見えた魚体が漆黒の海へもぐっていきます。

 
 
 
 
 
絶対に取り込みたい!
 
 
 
 
 
 
できる限り糸は出したくない。
 
 
 
 
 
 
 
(汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも時折突っ込むシーバスとは違う
 
 
 
 
 
粘り
引きの力の種類が違います。
 
 
 
 
 
 
 
じ り じ り
 
        糸が出ます。
 
 
 
 
 
 
 
やり取りも終盤、黒鯛の顔が浮きこちらに寄ってきます。
 
 
 
アミ出動。
 
 
 
 
 
落ち着いてキャッチします。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 

すかっ。!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなときにすかってる場合ではありません。
 
 
 
 
落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて
落ち着いて
 
 
慎重に左からたもを、右から黒鯛を。竿を立てて寄せてきます。。
 
 
 
アミに無事入りました。
 
 
 
 
 
 
 
ずっしり
 
 
おもいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
タモアミの柄を手繰り寄せながらだんだん近づいてきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うぉお。。。で。でかい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
取り込んだ後、すぐに、ほぼ無意識に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
青海南ふ頭公園の表示があるタイルまで歩いてます。
 
 
 
 
 
 
そこで、上あごにかかった針をはずします。アミにハリスとがん球が
こんがらがったまんま端っこに放置、すばやく撮影です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やった~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
心からでたことばが、たった一言。
 
やったぁ(声にならないくらいゆっくりしずかに。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぼそっと、一言いって
 
 
 
 
 
 
 
 
 
体の力が抜けた。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周りにはカップルが数組。釣り人はいない。
 
 
 
 
 
 
 
 
おもむろにメジャーを取り出しあとは魚が弱る前に迅速に撮影リリースしなければならない。撮影に時間をかけると魚が弱る。

 
 
 
 
 
太っている。

まるまる太ってる。お腹もぱんぱん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひれを立てて気張っているのか

 
 
 
 

きっとこの海には敵はいないのだろう。とてもきれいだ。黒く強く輝いている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何度か、たべよっかなぁ~と本気でおもった。しかしまた釣れて来てほしい。もっともっとたくさん子孫を増やしてほしい。そうおもってリリース。
 
 
 
 
 
歯が怖いから両手で持つ。
 
 
 
 
 
ずっしりと重さをこの両手で感じ、なんとも言えないうれしい気持ちとともにリリース。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どぼ~ん。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう。この前81cmのシーバスを釣ったときも。
 
こうふんしてへとへとだった。今回も似ているへとへと感
 
 
 
 
 
 
 
 
余韻に浸りながらアミにからまったハリスとがんだまをとる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんだかぽわんと、うわの空。
 
 
 
 
 
 
ストロー虫もまだのこってるけど。。ちょこっとやってあたりがないからアオイソも全部逃がしてなんとなくしゅーりょー。
 
 
 
 
ぽわんとしてる『営業S』でした。てしゅ~。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA